ホームページを活用する理容師

ご新規の集客ですが、
理容師を求人するほとんどの理容室がいまだチラシ配りに頼る中、インターネットを柱として理容師の募集を行うのと同じように、早くからホームページを活用した集客に力を入れて参りました。

本来、
理容師も美容師もお店へ足を運んでくださるお客さまに対してサービスを提供するのがお仕事のはずなのに、暇となれば駅前やマンション等へビラ配りに行かされるサロンスタッフはまだまだ多く、時代錯誤な営業手法は実に嘆かわしく思えます。

そのような理美容室ですが、
未だに「値引を前提とした集客法」を行い、良質な新規客にも恵まれることなく、理容師と美容師の地位自体を落としかねない行為だと常々感じています。

だからこそ、
これからは理容師もインターネットを活用した集客を行い、スタッフは営業時間中に無駄で終わるビラ配り等をせず、サロンワークだけに集中出来る環境作りがヘア業界において急務だと言えるでしょう。

ホームページから集客する理容師

では次に、
自社のホームページを活用し、理容師がインターネットを駆使して集客する方法を少しばかり紐解いて説明します。

まず最初に、
Google検索での表示結果ですが、画像をクリックしてご覧になられてください。

理容師求人サイトが運営するホームページですが、屋号でもあるBAGUSの単独キーワードと地域ワードを合わせた複合キーワードで上位表示されているのがお分かりになられると思います。

このような検索結果から、
美容室を探される多くのユーザーがホームページへ訪れるようになり、後は確率の問題で日に数件のお問い合わせが来るようになりました。

ですので、
美容師や理容師を募集するにあたり、中途採用で就職したスタイリストがドンドン入客することが出来るサロン環境は整っております。

ホームページを運営する理容師

ホームページの作成をはじめ、
ウェブサイトの運営管理を自社で行うBAGUSでは、理容師の求人専門サイトを立ち上げる前からホームページの制作を開始しており、現在では安定した集客の仕組が確立されています。

今から十数年前、
この世にインターネットが普及し始めた2000年以降、ヘア業界内では独自のウェブ戦略をスタートし、Eメールを用いた画期的な集客法も取り組んでおりました。

ご存じのように、
理容師は昔気質な職人肌のイメージが強く、ホームページを作成することは勿論、プログラミングに関して苦手意識を持つ理容師も少なくはありません。

理容師が覚えるウェブサイトの構築

HTMLとは、
ウェブページを作成するための言語です。

CSSとは、
HTMLのスタイルを指定するための言語です。

SEOとは、
「検索エンジン最適化」を意味する略語です。

さすがに、
一朝一夕では理解出来ないウェブサイトの構築を一般の理容師や美容室オーナーが集客のために本気で覚えようとするでしょうか?

ヘア業界ならではの背景とは?

このような業界の背景に着目し、
理容師の誰もが手を出さないだろうと確信したインターネットの領域にあえて勝機があると見据え、ホームページの構築から検索上位へ導くスキルを磨きました。

新規客をホームページで獲得

その結果、
ホームページを見られてご来店
される新規客が毎日複数人おられ、

春以降の繁忙期に入れば月間100人近くの新規客を獲得することが出来ます。

理容師の熱い想いビラを配って集客する必要は無い

しっかりとした理容師の熱い想いがお客さまに伝わるホームページさえあれば、何もプライスオフを前面に打ち出したビラを配って集客する必要は無いのです。

そんなインターネットに関するノウハウも学ぶことが可能な環境ですので、ご興味のある方は理容師を募集するBAGUSへご応募されてみてはいかがですか?

ホームページの活用/理容師求人サイト BAGUS
トップへ戻る